個人事業主の会計ソフト導入

個人事業主の方は一人ないし少数で事業を運営している方が多いです。経理等の会計部門は空いた時間に片手間で済ませている場合や、会計士さんや税理士さんに丸投げという方も多いのではないでしょうか。実際プロの方にお願いした方が安心ですが、結構な費用になってしまうこともあります。経理担当をアルバイト等で補充するというのも費用がかかり、事業的になかなか雇うことは難しかったりと、個人事業主にとってはなかなか判断に迷う悩み事でもあります。

コスト重視で運営を考えるのであれば、自分で会計処理をすることがベストな選択肢となりえます。会計処理の内容が少ない事業であれば、用紙だけ用意して手書きでも対応できるかもしれませんが、パソコンが使える方は会計ソフトを導入すると良いでしょう。会計ソフトには単純に帳簿をつけるだけのものや、取引内容を入力するだけで確定申告に必要なすべての書類を作成できるものまでと、ソフトによって機能が様々です。会計ソフトは無料でダウンロードできるものから、有料のもの、また月額でその都度支払うものもあります。

やはり無料ソフトよりも有料ソフトの方が機能が多く、また会計法や税法等が改正された場合のソフトの対応も早いです。法律が改正された場合は有料無料に限らず注意が必要になります。無料ソフトは機能面で劣る場合もありますが、全く使い物にならないということではありません。実際、会計の内容によっては専用のものでなくても表計算ソフトだけで対応できますので、事業内容やコストで比較しながら選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です